子供も悩むムダ毛の処理は脱毛サロンで


子供のムダ毛は深刻な問題を招く可能性も

今までおしゃれに何の興味も無かった子供も年頃になれば、容姿に段々と気を遣うようになっていきます。
ちょっと可愛い髪留めを使ったり、着る服にも気を遣ってみたりと大人になっていく過程では重要な心の働きです。

しかし、それと同時に気になるのが体毛の存在です。
大人ならば体毛が濃くても毛深いと面と向かって言うことはありませんが、この頃の子供は遠慮がないため面と向かって言われて傷つけられる可能性が高いです。
また、それがきっかけでいじめが起こることもあるので一概に無視できない問題でもあります。

自己処理は肌トラブルの危険性が大

こうなってくると毛の処理を行うことになるのですが、まず最初は自宅でどうにかして毛の処理をしようと考えます。
よくあるのはカミソリを使った方法ですが、これは皮膚の表面を薄く削りとってしまうため、色素沈着などやカミソリ負けで赤くなったり発疹が出来る可能性があるので処理方法としてはお薦め出来ません。
ブラジリアンワックスや脱毛クリームも大人よりもずっと子供の肌は繊細なので、肌荒れを起こす可能性が出て来ます。家庭用脱毛器も子供の使用を禁止しているものが多いので上手く使えません。
こうした時に選択肢の中にいれておきたいのが、脱毛サロンです。

脱毛サロンにもいろいろある

脱毛サロンは一回の施術でかなりの値段がかかるため家計を圧迫してしまうと気後れするお母さんも多いでしょう。
しかし子供でも出来ると謳っているサロンを見てみると、案外料金が安いところがいくらもあり、子供のお小遣い程度で通えてしまうサロンもあります。
美容外科で行う永久脱毛は子供の肌には強すぎるため施術は出来ません。
サロンの出力が弱い光脱毛を試していくことになるのですが、この光脱毛も痛みがあるためお子さんによっては耐えられずに行くのを嫌がることもあります。

ハイパースキン脱毛とは

そこで最近になって導入された光脱毛の一種であるハイパースキン脱毛を行うと、子供も抵抗なく脱毛が出来るようになります。
このハイパースキン脱毛は光脱毛特有の痛みが少なく、直接毛根に光を当てて減毛を促します。
熱も38度程度の緩いものなので、光脱毛のように60度から80度の熱を出さないため痛みもほとんどなく出来るのです。
光脱毛では成長期の毛にアプローチをしていきますが、ハイパースキン脱毛では休止期に入っている毛根に施術を行うため通う回数が約1ヶ月おきと短いスパンになります。
光脱毛の導入として行ってみるのも良いかもしれません。
子供の肌質も様々ですし、大人より肌が敏感なので、子供に特化したコースのある脱毛サロンを探してみるのも良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ